コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シスル Shisr

デジタル大辞泉の解説

シスル(Shisr)

オマーン南部の町。サラーラの北約90キロメートル、ルブアルハーリー砂漠の南縁に位置する。紀元前4世紀頃に乳香交易で栄えたウバールという町があった場所とされ、1992年に要塞の壁や塔の遺跡が発見された。アルバリードホールルーリワディダウカの遺跡とともに、2000年に「乳香の土地」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シスルの関連キーワードオットー(トビー) ハードウィックルディ ジャクソンジョー ワイルダーヒステリシスモータアフリカ民族会議ジョニー ダン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シスルの関連情報