コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シス形 シスがたcis form

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シス形
シスがた
cis form

原子,原子団または配位子の分子内における配置を示す用語。シスはラテン語で「こちら側」を意味する。有機化合物のほか錯化合物にも用いられている。 (→幾何異性 , トランス形 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シス形の関連キーワードアゾベンゼン(データノート)桂皮酸(データノート)アゾキシベンゼンシクロアルケンゲラニオールアコニット酸エライジン酸アゾベンゼンマレイン酸アミド結合アゾ化合物シトラールクロトン酸スチルベン立体異性ブチレンデカリンケイ皮酸光異性化アンチ形

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android