コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シス形 シスがたcis form

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シス形
シスがた
cis form

原子,原子団または配位子の分子内における配置を示す用語。シスはラテン語で「こちら側」を意味する。有機化合物のほか錯化合物にも用いられている。 (→幾何異性 , トランス形 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シス形の関連キーワードアゾベンゼン(データノート)桂皮酸(データノート)アゾキシベンゼンシクロアルケンゲラニオールエライジン酸アゾベンゼンアコニット酸アゾ化合物マレイン酸アミド結合シトラールクロトン酸スチルベン立体異性ブチレンデカリンケイ皮酸アンチ形光異性化

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android