シトリン(英語表記)citrin

翻訳|citrin

世界大百科事典 第2版の解説

シトリン【citrine】

水晶のこと。黄色透明で,この名はかんきつ類のシトロンの色に似ることに由来する。天然産のほかに,茶水晶に熱処理したもの,放射線処理(コバルト60照射)により着色したもの,またブラジル南部産出のアメシストを熱処理により黄変させたリオ・グランデ・シトリン,さらに最近では合成シトリンも市場に出されている。【近山 晶】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシトリンの言及

【水晶】より

…【津末 昭生】
[宝石]
 単に水晶といえば無色透明なものをいい,ときに区別のため特に白水晶という。色のついたものは黄水晶(シトリン),茶水晶(スモーキー・クォーツ),紫水晶(アメシスト)など別の名称で呼ばれ,宝石として使われる。水晶の結晶中にルチルや電気石(トルマリン)の針状結晶が内包されているものは針入り水晶といい,緑色の緑泥石や角セン石などが内包されるときは,草状に見えるところから草入り水晶と呼ばれる。…

※「シトリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シトリンの関連情報