コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シニス シニス Sinis

1件 の用語解説(シニスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シニス
シニス
Sinis

ギリシア神話の盗賊。ポセイドンの子の怪力の巨人で,コリント地峡にいて,旅人を捕えては2本の曲げた松に脚を縛りつけ,また裂きにして殺していたが,しまいにテセウスによって同じやり方で退治されたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシニスの言及

【プロクルステス】より

…現在でも杓子定規,容赦ない強制の意で使われる〈プロクルステスの寝台Procrustean bed〉はこれに由来する。同じ街道で,曲げた2本の枝に1本ずつ足をゆわえつけ,通行人を二股裂きにしていたシニスSinis,海に蹴落として大亀の餌食にしていたスキロンSkirōn,むりやり相撲の相手をさせて殺していたケルキュオンKerkyōnらと相前後して,いずれもみずからが旅人を殺すのに用いた方法で,アテナイの王子テセウスに退治されたという。【水谷 智洋】。…

※「シニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シニスの関連キーワードポセイドンポセイドン神殿ポリュフェモスボレアスギリシャ神話ネプトゥーヌスポセイドン・アドベンチャー2《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シニスの関連情報