怪力(読み)かいりき

精選版 日本国語大辞典「怪力」の解説

かい‐りき クヮイ‥【怪力】

〘名〙 ふしぎなほど強い力。並みはずれて強い力。快力。かいりょく。〔和漢雅俗いろは辞典(1888‐89)〕
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「与三の腕は満身の力にブルブルと打ち震へた」

かい‐りょく クヮイ‥【怪力】

※太平記(14C後)五「大の男を掴んで四五丈許りぞ抛げたりする。其の怪力(クヮイリョク)比類にや怖れたりけん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「怪力」の解説

かい‐りき〔クワイ‐〕【怪力】

並外れて強い力。不思議な力、または、働き。「怪力無双」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「怪力」の解説

【怪力】かい(くわい)りよく

ふしぎな力。怪異なもの。〔論語、述而〕子(し)、怪力亂を語らず。

字通「怪」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android