怪力(読み)かいりき

精選版 日本国語大辞典「怪力」の解説

かい‐りき クヮイ‥【怪力】

〘名〙 ふしぎなほど強い力。並みはずれて強い力。快力。かいりょく。〔和漢雅俗いろは辞典(1888‐89)〕
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「与三の腕は満身の怪力にブルブルと打ち震へた」

かい‐りょく クヮイ‥【怪力】

※太平記(14C後)五「大の男を掴んで四五丈許りぞ抛げたりする。其の怪力(クヮイリョク)比類にや怖れたりけん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android