コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シバ・ナーラーヤナ派 シバ・ナーラーヤナはŚiva Nārāyaṇī

1件 の用語解説(シバ・ナーラーヤナ派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シバ・ナーラーヤナ派
シバ・ナーラーヤナは
Śiva Nārāyaṇī

ヒンドゥー教改革派の一派で,シバ・ナーラーヤナにより 1734年に北インド中部ガジプール付近のベルサリで創始された。いかなる宗教を信奉する者にも,いかなる階級に属する者にも入団が許されるが,現在この教徒の大部分は下層階級出身者である。アウト・カーストの出身者も含んでいるが,初期の頃にはバラモン階級もかなり加わっていた。この教徒は形なきブラフマン (梵天) を信じ,シバ・ナーラーヤナをその権化として尊崇している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone