コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビレタケ

百科事典マイペディアの解説

シビレタケ

ワライタケ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シビレタケ
しびれたけ
[学]Psilocybe venenata (Imai) Imaz. et Hongo

担子菌類、マツタケ目モエギタケ科の幻覚性中毒(ワライタケ症状)をおこす毒キノコ。別名ワライタケモドキ。高さ3~9センチメートル。傘は径2~5センチメートル。円錐(えんすい)形、まんじゅう形から平らに開く。初めはオリーブ色を帯びるが、乾くにつれて中央部から淡い黄褐色となる。ひだは茎に直生、胞子が熟すと紫黒色になる。茎は円柱状で白く、上部に繊維質、膜質の落ちやすいつばがある。キノコの各部を手で触れたり傷つけると、その部が青くなるのが特徴。分布は日本各地で、春から秋、もみ殻や藁(わら)を捨てた所に群生する。同属のキノコにヒカゲシビレタケP. argentipes Yokoyama、アイセンボンタケP. fasciata Hongo、アイゾメシバフタケP. subcaerulipes Hongoがあるが、いずれも傷つくと青変し、食すると幻覚性中毒をおこす。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシビレタケの言及

【ワライタケ(笑茸)】より

…その後はワライタケによる中毒は報告されていないが,類似の症状を起こす中毒事件はしばしば起こっている。その場合のキノコは本種ではなく,モエギタケ科のシビレタケPsilocybe venenata (Imai) Imaz.et Hongoによることが多い。これは初夏から秋にもみがらや稲わらを積んだ所などに数本ずつ束になって生える。…

※「シビレタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シビレタケの関連キーワードアイゾメシバフタケ(藍染芝生茸)アイゾメシバフタケヒカゲシビレタケ有毒菌類キノコ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android