シフィドニツァ(英語表記)Świdnica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シフィドニツァ
Świdnica

ポーランド南西部,ドルノシロンスキェ県の都市。ドイツ語ではシュワイドニッツ Schweidnitz。ウロツワフ南西約 50km,オドラ川 (オーデル川 ) 支流ビストリツァ川沿岸のスデティ山脈山麓に位置する。非常に古いスラブ人居住地。 12世紀に城が建設され,14世紀以後,交易,手工業の町として繁栄。 1392年からボヘミア (チェコ) 領,1742年からプロシア領。 19世紀後半商工業の中心地として発展,1945年ポーランド領に戻る。下シロンスク (シュレジエン ) 地方の重要な農業兼工業都市で,砂糖,木材、金属,織物などの工場がある。 17世紀に建てられたルター派教会がヤーボルの教会群と合わせて,2001年世界遺産の文化遺産に登録された。人口6万 1342 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android