シベルート島(読み)しべるーととう(英語表記)Pulau Siberoet

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シベルート島
しべるーととう
Pulau Siberoet

インドネシア、スマトラ島西岸沖のムンタワイ諸島最北部の主島。北西から南東方向に長い島で、長さ86キロメートル、幅40キロメートル。人口約1万2000。全島低平な地形をなし、最高地点は406メートルで北部にある。海岸線はインド洋に面する西岸が単調であるのに対して、ムンタワイ海峡に面した東岸は入り江が多く複雑である。住民はムンタワイ語系種族で、大半は原始宗教を信仰する。主要な産物は砂糖、タバコ、ココヤシで、開発は遅れている。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android