コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャカ族 シャカぞくŚākya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャカ族
シャカぞく
Śākya

パーリ語はサーキャ Sākya。古代北インドの部族ブッダがこの部族の王族の子として生れたことで知られる。シャカ族は現ネパール=インド国境付近のカピラバストゥを中心として国を建てていたが,ブッダの晩年にコーサラ国によって滅ぼされたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャカ族の関連キーワードガウタミープトラ・シャータカルニビクラマ紀元インドの暦サカ暦紀年法浄飯王釈迦

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android