コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャッシャ Leonardo Sciascia

1件 の用語解説(シャッシャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャッシャ【Leonardo Sciascia】

1921‐89
イタリアの作家。急進党市議。生地ラカルムートはマフィアの拠点であるシチリア島南西内陸部にある。ファシズムにすらマフィアからの解放の希望をつないだ抑圧された地域性と,そこに根ざした作者のアラブ的要素を包含するヨーロッパ性とが,民衆側に立つリアリズムを共有しつつも,ベルガなど東海岸出身の作家のそれと本質的に異なる文学世界を表出させている。宿命性,不変性という,南部の民衆に押しつけられた神話の否定と,権力機構と国家体制,歴史記述の不正の糾明を通して,眠っていない民衆の真実の姿を描写することを作家としての責務とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシャッシャの言及

【シチリア[島]】より

…この活動を受け継いだのが民俗学者コッキアーラGiuseppe Cocchiara(1904‐56)で,コッキアーラは神話論においてパベーゼと,また民話論においてカルビーノと連携し,さらにビットリーニを軸にして北イタリアとシチリア島の文学は,第2次大戦後に緊密な関係を保って,イタリア文学の主潮を形成しつつある。そして1960年代以降は,シチリア島に在住する国会議員作家L.シャッシャがこの100年間のシチリア島民の心理を歴史の動きのなかで考察しつづけている。【河島 英昭】
【古代史】
 古代ギリシア人の伝承によれば,シケリアSikelia(シチリアのギリシア名)島には,シカノス人(イベリア系),エリュモス人(小アジア系),シケロス人(イタリア系)の3部族が居住していた。…

※「シャッシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャッシャの関連キーワードイタリアカルドゥッチマンゾーニイタリアントリアッティANSAイタリアンカジュアルイタリア奇想曲イタリア協奏曲イタリアのハロルド

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャッシャの関連情報