コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャットルカー shuttle car

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャットルカー
shuttle car

水平または緩傾斜の路上を往復する高さの低い自走運搬車両で,ゴムタイヤ車輪を備え,動力はおもに電気モータやディーゼルエンジンが用いられている。石炭・鉱石などの積載のための箱型荷台の内側底部はコンベヤになっていて,その運転により迅速容易に積載物を積卸しできる。炭鉱の機械化切羽から主要坑道のコンベヤまでの石炭運搬などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android