運転(読み)ウンテン

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
大きな機械を作動させること。「発電機を運転し始める」
列車や自動車などを操作して走らせること。
資金などをうまく運用し活用すること。やりくりすること。「会社の運転に充てる金」
天体や時間が、巡り回ること。運行。
「地球も正則(きまりどお)り―して」〈逍遥当世書生気質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
機械を操作して作動させること。また、機械が動くこと。 電車を-する -中のタービン発電機
資金などをやりくりして活用すること。運用。
めぐり回ること。日月・時節などがめぐり移ること。 地球も正則きまりどおり-して/当世書生気質 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 物事が巡り回ること。また、巡らし回すこと。
① 天体、時節などが巡り回ること。運行。
※法性寺関白御集(1145か)運転左時至「老至鏡中変恠形、天時運転遂無停」 〔荘子‐天運〕
② 機械や乗り物などが、人力や動力で動くこと。また、動かすこと。操縦すること。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)二「車の運転するやうにするぞ」
※正義派(1912)〈志賀直哉〉上「監督の一人が人だかりの中を烈しくベルを踏みながら其儘本所の車庫の方へ運転して行った」
③ (比喩的に) 団体の組織や体の器官などが活動すること。また、それらを活動させること。
※四河入海(17C前)二五「凡そ人の血気安眠して閑なる則運転して自足至頭ぞ」
④ (比喩的に) 物事をうまくやりくりして使うこと。資本を運用すること。運用。
※四河入海(17C前)一一「むつかしき戸部官にて、金穀を運転する辛苦あり」
[語誌](1)もともと、天体、時節、また、回転するものなどの「めぐりうごく」ことの意で自動詞的に用いられた。その後③のような機械の働きと似た、身体器官の活動を表わす自動詞的用法の例も見えるようになる。
(2)他動詞的な例としては、古く、④の挙例「四河入海」の「金穀を運転する」のような例があり、それが今日に及んでいる。近代の機械文明の展開で、機械、ことに動力、輸送機関を動かす意に用いられるようになって他動詞としての範囲が広がったが、この用法が一般化するのは大正以降と考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運転の関連情報