水平(読み)スイヘイ

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
静止した水面のように平らである・こと(さま)。
上がり下がりがないこと。傾きのないさま。 腕を-に保つ
地球の重力の方向と直角をなすこと。また、その方向。 ⇔ 鉛直
水準器の一。みずもり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 水の傾きによって物の斜度をはかる器具。水準。水ばかり。みずもり。〔通典‐兵部・水平及水戦具附〕
② 静止した水面のように表面が平らなこと。また、あがりさがりのないこと。
※舎密開宗(1837‐47)内「極て乾燥する壜管に盛り或は管に納て煮れば湿気乾浄して面乃ち水平を為す」
③ 地球の重力の方向と垂直であること。
※不思議な鏡(1912)〈森鴎外〉四「そのうち水平(スヰヘイ)に働いてゐた磁石力が、忽ち斜に下へ吸ふのを感じた」
※招魂祭一景(1921)〈川端康成〉「右肩の子は右の手脚を、左肩の子は左の手脚を、ぴんと水平に拡げると、客の拍手が起る」
④ なみ。ふつう。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「その升降ともに、各々その自己の水平に至ことを求むるなり」
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉五「マゼランが水平に明滅するの南極星の微光を其頼みとなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水平の関連情報