コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャトーティエリー Château-Thierry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャトーティエリー
Château-Thierry

フランス北部,エーヌ県にある古い町。パリの東北東約 90km,県南部のマルヌ川右岸に位置する。丘の頂上にカルル・マルテルが建てたといわれる城址があり,15世紀の聖クレパン聖堂,詩人ラ・フォンテーヌの生れた 16世紀後期の邸宅が残っており,記念館となっている。楽器およびビスケットなど食料品の製造,白ワインや農産物の取引が行われる。人口1万 4427 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャトーティエリーの関連キーワードシモン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android