シャリース(英語表記)Charice

現代外国人名録2012の解説

シャリース
Charice


国籍
フィリピン

専門
歌手

本名
Charice〉 シャリース〈Pempengco ペンペンコ

生年月日
1992/5/10

出身地
フィリピン

経歴
両親の離婚後、母のもとで育てられ、家計を支えるために多数のコンテストに出場。2007年韓国の番組にゲスト出演した際、驚異の歌唱力を持つ少女として動画サイトYouTubeで話題となり、約1500万視聴を記録。2008年米国の人気トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」に出演。その圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで“世界一才能のある少女”と称された。2009年大物プロデューサーのデービッド・フォスターに見いだされ、ワーナーミュージックからシングル「Note To God」で全米デビュー。2010年5月には初アルバム「Charice(シャリース)」をリリース。R&B歌手アイヤズをフィーチャリングに迎えた「Pyramid feat. Iyaz」が話題を呼び、デビュー作ながら全米ビルボードチャート初登場8位を記録。初登場でのトップ10入りはアジア人初の快挙となった。7月には絢香のヒット曲「三日月」をカバーした「三日月〜クレッセント・ムーン〜」を収録したアルバムで日本デビュー。他のアルバムに「∞(インフィニティ)」など。2011年2月には初の日本ツアーを開催。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android