アルバム(英語表記)album

翻訳|album

百科事典マイペディアの解説

写真や切手,訪問者の署名など記念に保存しておきたいものを,貼りつけたり書き込んだりする台紙を綴ったもの。起源は古代ローマで,執政官の名前や議事録などを記して公示した白い石板で,語源albusは〈白〉の。19世紀後半,紙焼き写真の一般化とともに写真用アルバムも普及した。日本では大正期に写真のを押さえる〈コーナー〉が考案されたが,今日ではのり,コーナー不要の台紙が一般的で,手軽なポケットアルバムもある。なお,現代では(シングル盤に対して)数曲を収録した音楽レコードのことなどもいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

写真などを保存する台紙のつづり。古代ローマの執政官の名前や議事録を記載する白い石板が起源といわれ,語源は〈白〉の意。会した人のサインや暗唱句,記念切手チケットなどをはるためのつづりになった。19世紀後半,紙焼きの写真が一般化するにつれ,写真用アルバムも普及しはじめた。1870年ころアメリカのアンソニー社が500種もの写真用アルバムを出していた記録がある。当時は貴重品であった写真を入れるにふさわしい装丁で,革装・金縁の厚いものが多く,さらに貝殻の輝く装飾を施したものもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

写真・切手などを貼って保存するための帳面。
ブック型のレコード入れ。
いくつかの曲を集めて作ったレコードや CD 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

写真、書画、郵便切手、カード類などの破損や紛失を防ぎ、長く保存できるようにした帳面。大きさは不統一であるが、東京アルバム工業組合では、四つ切り、六つ切り、八つ切り、キャビネの4種に規定している。形態は、横型(大和綴(やまとと)じ)、縦型(洋本綴じ)、角型のほか、任意の厚さに調節できるフリースタイルのものがある。表紙などの外装は、蒔絵(まきえ)を施した高級品から紙レザーの格安品まであるが、おもな材質は革、布、布クロス、布レザー、ビニルなどである。以前は厚い台紙のものが多かったが、近年は薄いものが増えてきている。一般の台紙は、写真などを糊(のり)またはコーナーを用いて貼(は)るが、現在では台紙に特殊接着剤を塗布し、それを覆う塩化ビニルとの間に写真を挟むだけで確実に押さえ込めるようになったフリーアルバムの方式がほとんどである。[野沢松男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (album)
① 写真や切手などをはっておくための帳面。また、その写真をはってあるもの。絵葉書などをはることもある。写真帳。アルバム帳。
※風俗画報‐一七八号(1898)人事門「賞品 一等金牌 二等アルバム 三等スヱター」
② 一連の写真を集めて印刷したもの。写真集。
③ 一連のレコードを、①のようなケースに収めたもの。また、そのケース。
※魔神礼拝(1950)〈三島由紀夫〉一幕「アルバムにレコードをしまひながら」
④ (一枚の中にいくつもの曲のはいった)LPレコードやコンパクトディスクのこと。シングル盤に対していう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアルバムの言及

【屋外広告】より

…屋外広告は戸外の特定の場所にあって,一定期間継続して刺激を与える広告物であるが,日本古来のものには,チンドン屋のほかに移動する広告としての印半天,風呂敷,唐傘,ちょうちんなどがあり,商家の看板,のれん,旗,のぼり,行灯などとともに広く活用されていた。屋外広告の起源としては,すでにギリシア・ローマ時代に家屋の壁に公示や広告を描くアルブムalbumがあった。また看板の元祖として,ローマ時代の酒屋が,軒先で棒の先に灌木の枝をつけてシンボルとした例がある。…

※「アルバム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルバムの関連情報