コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャリーフ・アルムルタダー al‐Sharīf al‐Murtaḍā

世界大百科事典 第2版の解説

シャリーフ・アルムルタダー【al‐Sharīf al‐Murtaḍā】

967‐1044
シーア派の初代イマーム,アリーの血をひくとされるバグダードのシーア派の学者。ナニイマーム・シーア派の理論家として多くのイマーム論を書き,他派との論争を旺盛に行っている。アリーの言行録(アフバール)を集めた《雄弁の道》の編纂者として名高いシャリーフ・アッラディーを弟にもつが,彼をこの編者とする説もある。有能なこの兄弟は,ほかにも多くの宗教関係の著述があり,ナニイマーム・シーア派に多大な貢献をなしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シャリーフ・アルムルタダーの関連キーワードトゥーシー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android