コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルム・アッシャイフ Sharm al‐Shaykh

世界大百科事典 第2版の解説

シャルム・アッシャイフ【Sharm al‐Shaykh】

シナイ半島南端,ティラン海峡にのぞむ軍事的要衝。オスマントルコ時代の砲台跡があり,1957‐67年は国連軍の管轄下にあったが,67年5月エジプトイスラエルに対するティラン海峡封鎖を行い,これが第3次中東戦争の発端となった。戦後イスラエルの占領地となり,オーフィラとよばれ,シナイ半島最大の海軍基地となった。82年4月25日エジプト・イスラエル平和条約にもとづく最後の引渡し地としてエジプトへの返還式が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報