シャルル-ド-ゴール広場(読み)シャルルドゴールひろば

世界の観光地名がわかる事典の解説

シャルルドゴールひろば【シャルル-ド-ゴール広場】

フランスの首都パリ、シャンゼリゼ通りの西の起点にある、エトワール凱旋門がある広場。この広場から12の通りが放射状に延びている。◇もともとは「エトワール広場」(Place de l'Etoile)と呼ばれていたが、第二次世界大戦で、ナチスドイツに占領されていたパリを解放したシャルル・ド・ゴール将軍(Charles André Joseph Pierre-Marie de Gaulle、1890~1970年)をたたえ、1970年に将軍にちなんだ名称に改称された。しかし、パリ市民の中には昔ながらの「エトワール広場」という呼び方をする人も少なくない。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android