コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーヒー朝 シャーヒーちょうShāhī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーヒー朝
シャーヒーちょう
Shāhī

アフガニスタン南部を支配した古い王朝。9世紀中葉,バラモンのカッラールが,カーブル渓谷を占領して築いたヒンドゥー王国。その孫ジャヤパーラの治世には,パンジャブとシンドまで領土を拡大し繁栄を誇ったが,トルコ人奴隷が創始したガズニー朝の攻撃を受けた。このマフムード (在位 998~1030) の進攻に対して,インドの諸王朝の応援を得て立向ったが結局敗れ,王朝は滅亡した。これによってマフムードは,インド侵略の糸口をつかんだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャーヒー朝の関連キーワードビジャヤナガル王国チャールミナールメッカマスジッドゴールコンダ城砦アウラングゼーブゴルコンダ王国ゴア(インド)ゴル・グンバズハイデラバードパンジャーブビジャープルシバージー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android