シュウィング(英語表記)Gertrud Schwing

世界大百科事典 第2版の解説

シュウィング【Gertrud Schwing】

1905‐
スイスの精神療法家。従来近づきがたい不可解な病気とされてきた精神分裂病に対して,はじめて精神療法的接近を試みた先駆者の一人として知られる。ウィーン大学精神科の看護婦となって,フェダーンから精神分析的訓練を受けた。たぐいまれな資質をもって献身的に患者に接し,分裂病治療における〈母なるもの〉(献身的な愛と忍耐)の重要性を身をもって実証した。その臨床経験は,《精神病者への道》(1940)に詳しく記録されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android