コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウィング Gertrud Schwing

世界大百科事典 第2版の解説

シュウィング【Gertrud Schwing】

1905‐
スイスの精神療法家。従来近づきがたい不可解な病気とされてきた精神分裂病に対して,はじめて精神療法的接近を試みた先駆者の一人として知られる。ウィーン大学精神科の看護婦となって,フェダーンから精神分析的訓練を受けた。たぐいまれな資質をもって献身的に患者に接し,分裂病治療における〈母なるもの〉(献身的な愛と忍耐)の重要性を身をもって実証した。その臨床経験は,《精神病者の魂への道》(1940)に詳しく記録されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シュウィングの関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府フランス社会党ベンガル分割

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android