シュタイナー学校(読み)シュタイナーがっこう(英語表記)Steiner Schule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタイナー学校
シュタイナーがっこう
Steiner Schule

ドイツの哲学者ルドルフ・シュタイナーが 1919年に創設した学校。自由バルドルフ学校ともいう。人間は肉体,魂,精神の 3要素からなり,誕生から成人までの約 20年間に 7年周期で 3段階に分かれて成長し,自我の確立にいたると主張。この考えに基づいて,子供たちの自主性を尊重し各段階に即した教育の展開を提唱する。学校の特徴は,(1) 6~18歳までの 12年間一貫教育,(2) 1教科を数週間集中的に学ぶエポック授業,(3) 1~8学年は学級も担任教師も変わらない担任もち上がり制,(4) 低学年から芸術的科目を導入,(5) 舞踊表現法オイリュトミーを全学年に必須導入,(6) 試験や点数評価の廃止,など。シュタイナー教育を実践する学校は欧米を中心に世界各地にあり,日本には 2004年に開校したシュタイナー学園初等部・中等部がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シュタイナー学校

ドイツで活動した哲学者ルドルフ・シュタイナー(1861~1925)が提唱した理念に基づき運営される初等・中等教育の学校。授業での芸術的体験を通じて意思や感情、思考を子どもの発達段階に応じて育む。ヨーロッパ南北アメリカなど約70カ国に1千校以上があり、国内では全日制として10校程度が運営されている(うち2校は学校法人格を取得)。

(2017-06-07 朝日新聞 朝刊 和歌山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュタイナー学校の関連情報