コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテルンゲルラッハの実験 シュテルンゲルラッハノジッケン

1件 の用語解説(シュテルンゲルラッハの実験の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シュテルンゲルラッハ‐の‐じっけん【シュテルンゲルラッハの実験】

1922年、ドイツオットー=シュテルンワルター=ゲルラッハが銀の原子線を用いて行った実験。加熱して蒸発させた銀粒子のビームに垂直な方向に磁場をかけると、ビームが2本に分かれることを示した。この実験により、銀が量子化された磁気モーメントをもつことがわかり、後にスピンという概念を導く契機となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

シュテルンゲルラッハの実験の関連キーワードブラジル文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党チーホノフ岡村司クニッピングスコット田中源太郎ノット

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone