コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュナウザー schnauzer

翻訳|schnauzer

デジタル大辞泉の解説

シュナウザー(schnauzer)

《「シュナウツァー」とも》犬の一品種。ドイツ原産。被毛は硬く、口ひげ状の長毛を有するのが特徴。中形のスタンダードシュナウザーのほか、大形で牧羊犬などに用いられるジャイアントシュナウザー、小形で愛玩用のミニチュアシュナウザーがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュナウザー
しゅなうざー
schnauzer

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、ドイツ原産。頑健でしっかりした体つきの犬種で、大形、中形、小形の3タイプがみられ、いずれも体型はほぼ正方形。被毛は針金状で堅く、口吻(こうふん)、目の上などに、口ひげ、眉毛(まゆげ)状の長毛を有する。大形のものはジャイアントシュナウザーとよばれ、農場作業犬、牧羊犬とされ、日本でも第二次世界大戦前は警察犬として活用された。体高60~70センチメートル。毛色は黒、ペパーエンドソルト、ブラックエンドタンなど。中形はスタンダードシュナウザーといわれ、体高43~50センチメートル。本種が基礎となって大形、小形が作出された。牧羊犬、家庭犬として用いられ、毛色はペパーエンドソルト、黒である。小形のミニチュアシュナウザーはテリアタイプの陽気で活発な犬種で、3種のうちもっとも人気がある。体高30~35センチメートル。毛色はペパーエンドソルト、黒、ブラックエンドシルバーなど。各タイプとも断尾し、断耳することもある。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシュナウザーの言及

【シュナウツァー[種]】より

…原産地がドイツの牧畜犬,警備犬,家庭犬。シュナウザーともいう。スタンダード,ジャイアント,ミニチュアの3種類がある。…

※「シュナウザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュナウザーの関連キーワードウェルケア ミニチュア・シュナウザー専用シュナウツァー[種]イヌのおもな毛色たかはしゆい警察犬種増井光子石山雄大警察犬軍用犬テリア

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュナウザーの関連情報