シュナウザー(英語表記)schnauzer

翻訳|schnauzer

デジタル大辞泉の解説

シュナウザー(schnauzer)

《「シュナウツァー」とも》犬の一品種。ドイツ原産。被毛は硬く、口ひげ状の長毛を有するのが特徴。中形のスタンダードシュナウザーのほか、大形で牧羊犬などに用いられるジャイアントシュナウザー、小形で愛玩用のミニチュアシュナウザーがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュナウザー
しゅなうざー
schnauzer

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、ドイツ原産。頑健でしっかりした体つきの犬種で、大形、中形、小形の3タイプがみられ、いずれも体型はほぼ正方形。被毛は針金状で堅く、口吻(こうふん)、目の上などに、口ひげ、眉毛(まゆげ)状の長毛を有する。大形のものはジャイアントシュナウザーとよばれ、農場作業犬、牧羊犬とされ、日本でも第二次世界大戦前は警察犬として活用された。体高60~70センチメートル。毛色は黒、ペパーエンドソルト、ブラックエンドタンなど。中形はスタンダードシュナウザーといわれ、体高43~50センチメートル。本種が基礎となって大形、小形が作出された。牧羊犬、家庭犬として用いられ、毛色はペパーエンドソルト、黒である。小形のミニチュアシュナウザーはテリアタイプの陽気で活発な犬種で、3種のうちもっとも人気がある。体高30~35センチメートル。毛色はペパーエンドソルト、黒、ブラックエンドシルバーなど。各タイプとも断尾し、断耳することもある。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシュナウザーの言及

【シュナウツァー[種]】より

…原産地がドイツの牧畜犬,警備犬,家庭犬。シュナウザーともいう。スタンダード,ジャイアント,ミニチュアの3種類がある。…

※「シュナウザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュナウザーの関連情報