小形(読み)コガタ

デジタル大辞泉 「小形」の意味・読み・例文・類語

こ‐がた【小形/小型】

[名・形動]
形が小さいこと。また、そのものや、そのさま。「小形な(の)鳥」⇔大形
(小型)内容規模が他のものより小さいこと。また、そのさま。「辞書小型な(の)ほうが扱いやすい」「小型カメラ」⇔大型
[補説]1は多く「小形」とするが、「小型犬」などは「小型」と書くこともある。
[類語]小作り小兵小粒小柄小ぶり小さいしょう小さなちっちゃいちっぽけ細かい低い小さめ矮小わいしょう寸足らずちんちくりん微小微細細微細密緻密ちみつ細か豆粒芥子けし群小最小小規模細細ほそぼそ零細ちんまりこぢんまりちまちまミニ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「小形」の意味・読み・例文・類語

こ‐がた【小形・小型】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 形の小さいこと。また、同類の物の中で形の小さいこと。また、そのもの。
    1. [初出の実例]「これは鋳物師の所。男ども集り、蹈鞴(ただら)踏み、物のこかた鋳などす」(出典:宇津保物語(970‐999頃)吹上上)
    2. 「薄い小型の帳面を開けて」(出典:明暗(1916)〈夏目漱石〉三五)
  3. こがたじどうしゃ(小型自動車)」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android