小形(読み)コガタ

デジタル大辞泉「小形」の解説

こ‐がた【小形/小型】

[名・形動]
形が小さいこと。また、そのものや、そのさま。「小形な(の)」⇔大形
(小型)内容・規模が他のものより小さいこと。また、そのさま。「辞書小型な(の)ほうが扱いやすい」「小型カメラ」⇔大型
[補説]1は多く「小形」とするが、「小型犬」などは「小型」と書くこともある。
[類語]小作り小兵小粒小柄小ぶり小さいしょう小さなちっちゃいちっぽけ細かい低い小さめ矮小わいしょう寸足らずちんちくりん微小微細細微細密緻密ちみつ細か豆粒芥子けし群小最小小規模細細ほそぼそ零細ちんまりこぢんまりちまちまミニ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android