コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリー・ナーラーヤナ・グル Śrī Nārāyaṇa Guru

世界大百科事典 第2版の解説

シュリー・ナーラーヤナ・グル【Śrī Nārāyaṇa Guru】

1854‐1928
近代インドの宗教・社会改革者。ケーララ州の州都トリバンドラムの近くにあるチェンバランディで,不可触民イーラワー・カーストの家に生まれた。1884年妻と別れて出家,88年,34歳のとき大きな転機を経験,自分のみの解脱を求めることを無意味と考え,下層の人々の宗教的・社会的救済にのり出し,1903年シュリー・ナーラーヤナ法(ダルマ)普及協会(S.N.D.P.Yogam)をアルビプラムに設立。不二一元論派の哲学に立脚し,〈人類には,一つのカースト,一つの宗教,一つの神〉をスローガンにして,各地に多くの寺院や僧院を下層民のために建立,種々の改革を断行し,飲酒を禁じ,旧習を廃し,カースト制度に対する批判運動などに没頭した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シュリー・ナーラーヤナ・グルの関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助田坂具隆ハイネペリー(Matthew Calbraith Perry)稲垣浩

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android