コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華鬘 けまん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

華鬘
けまん

仏具の一種。仏前荘厳 (しょうごん) するために,堂内の梁 (はり) に掛ける。初め,インドでは首に掛けて身体を飾る生花の花環をさしたが,中国,日本では転じて仏具となり,うちわ型の板に花鳥天女などを透かし彫で表わしたものをいう。主として銅板に鍍金したものが多いが,木板,皮革などのものもある。また,絹紐で総角 (あげまき) に結んだものや,水晶製のなつめ型の玉を連結したものなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

け‐まん【華×鬘/×鬘】

仏前を荘厳(しょうごん)するために仏殿内陣欄間などにかける仏具。金銅・牛革製の円形または楕円形のものに、唐草や蓮華(れんげ)を透かし彫りにして、下縁に総状の金物や鈴を垂らすもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

華鬘【けまん】

仏殿の内陣を飾る荘厳(しょうごん)具。うちわ形で,青銅に花鳥,天女などの透彫を施したもの,牛皮を切り抜いて彩色したものなどがあり,つり環で梁(はり)からつるす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けまん【華鬘】

仏殿の内陣を荘厳(しようごん)する仏具で,釣環(つりわ)で長押(なげし)や梁にかける。サンスクリットkusmamālāの訳。インドの風俗にはじまり,元来は生花を糸で貫いて首にかけ,装身具としたものである。のちに供養物として仏前に供えられるようになり,また花(華葩(はなびら))をはずして華籠(けこ)に入れ,これをまくのが散華供養である。中国,日本ではさらに転じて荘厳具となった。日本では天武天皇死没に際してその殯宮(もがりのみや)に花縵(はなかずら)が供えられたことが《日本書紀》にみえるが,これが生花であったか造花であったかは明らかではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けまん【華鬘】

仏堂内陣の欄間などにかける荘厳具。金・銅・革などを材料に、花鳥・天女などを透かし彫りにする。古く、インドでは生花の輪を装飾品とする風習があって、それを仏前にも供えるようになり、中国や日本に入って仏具となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

華鬘
けまん

仏教寺院の荘厳具(しょうごんぐ)の一つ。もとは髪に挿す花飾りのことで、インドでは生花を花輪にして首にかけたりした。それが仏教の風習として仏像の首や肩にかけて供養の法の一つとなった。日本ではさらに仏堂内部の荘厳具として、梁(はり)や欄間(らんま)にかけるようになり、木、金属、獣皮などを素材にしてつくられた。なかには木製彩色の花輪の形をしたものもあり、青銅に鍍金(めっき)をした団扇(うちわ)型のものや、牛皮に極彩色を施したものもある。岩手県中尊寺の金銅華鬘(国宝)や奈良国立博物館の牛皮彩色華鬘(国宝、京都東寺(とうじ)旧蔵)は平安期の工芸品を代表するものとして名高い。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

華鬘 (ケマン)

植物。キョウチクトウ科の常緑低木・小高木,園芸植物,薬用植物。キョウチクトウの別称

華鬘 (ケマン)

植物。ケシ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ケマンソウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

華鬘の関連キーワードナーラーヤナ・グル シュリーケマンソウ(華鬘草)ナーラーヤナ・グル弘法寺(岡山県)天人の五衰迦陵頻伽日本美術沙弥十戒華鬘牡丹同心結び六種供具密教法具透彫り装飾品唐草文紫華鬘中尊寺六器玉鬘半尻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android