コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュヴェリーン城 シュヴェリーンじょう

1件 の用語解説(シュヴェリーン城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュヴェリーンじょう【シュヴェリーン城】

ドイツ北部、メクレンブルクフォアポンメルン州の州都で、多くの淡水湖に囲まれた町であるシュヴェリーン(Schwerin)にある城。653の絢爛豪華な部屋がある大きな規模の城である。シュヴェリーン周辺の最大の湖、シュヴェリーン湖に浮かぶ小島に建っている。その起源は、973年にスラブ人が建てた城にさかのぼる。その後、メックレンブルク公爵の居城となって増改築を繰り返し、19世紀に入ってメックレンブルク・シュヴェリーン大公によって、今日の城の姿に変えられた。フランスのロワール地方にあるシャンボール城を手本にしたといわれている。現在、城内は博物館となっていて、玉座の間など城内の見学ができるほか、絵画、造形、家具、武器、メダルアクセサリー、高価な陶器や他の手工芸品などの18~19世紀の芸術作品のコレクションを鑑賞できる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュヴェリーン城の関連キーワードウィスマールシュトラルズントリューゲン島シュウェーリンメクレンブルクフォアポンメルンロストックワルネミュンデシュウェリーンハイリゲンダムウィスマル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone