シューマッハー(読み)しゅーまっはー(英語表記)Fritz Schumacher

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シューマッハー(Fritz Schumacher)
しゅーまっはー
Fritz Schumacher
(1869―1947)

ドイツの建築家。ブレーメン生まれ。建築の勉学はミュンヘンのティルシュと、ベルリンのシェーファーの指導を受け、1900年から09年までドレスデン高等工業学校の教授となり、のちハンブルク市の建築責任者となった。代表作はハンブルク市勧業館(1913)、続くアーレンスベルガー街の小学校、23年の商業補習学校などで、れんがを主要素材とする彼の厳格で巧みな手法を余すところなく示している。19~23年にはケルン市の都市問題担当の助役となり、公園、林区などの計画を行った。28年の水上飛行機格納庫では、素材処理の新手法をのぞかせている。『建築芸術の原理』『現代煉瓦建築の歴史』などの著書もある。[長谷川堯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シューマッハーの関連情報