ショウジョウソウ(猩々草)(読み)ショウジョウソウ(英語表記)Euphorbia heterophylla; Mexican fire-plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウジョウソウ(猩々草)
ショウジョウソウ
Euphorbia heterophylla; Mexican fire-plant

トウダイグサ科の一年草。北アメリカ原産。観葉植物として栽培される。は直立し,高さ 1mに達する。葉は互生し,線形卵形,長楕円形,ひょうたん形などの種々の形がある。上部の数個の葉には赤い斑点がある。葉,茎を傷つけると白い乳液が出る。7~8月頃,枝先に緑黄色の小さい花が集ってつく。花には雄花雌花の別がある。茎の頂部の葉が赤いことを,顔の赤い猩々にたとえてこの和名がつけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android