コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウダイグサ科 トウダイグサかEuphorbiaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウダイグサ科
トウダイグサか
Euphorbiaceae

双子葉植物トウダイグサ目の1科。木本または草本で約 300属 5000~7000種以上があり,広く熱帯から温帯に分布する。多くは植物体に乳液をもち,傷つけると白い汁を出す。雄花と雌花に分れるが,普通は花弁がない。3室の上位子房をもつことも特徴の一つである。この科に入れられる植物は内容がかなり雑多であり,いくつもの科に分ける場合もある。日本産のものとしてはトウダイグサ属 Euphorbiaのほかシラキ属 Sapium,ニシキソウ属 Chamaesyce,ユズリハ属 Daphniphyllumなど約 21属 50~60種がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウダイグサ科
とうだいぐさか
[学]Euphorbiaceae

双子葉植物、離弁花類。草、低木または高木。葉は単葉、掌状複葉または羽状複葉で、多くは托葉(たくよう)があり、それはしばしば刺(とげ)や毛に変化する。乾燥地に生えるものはサボテン状で葉のないものもある。ヤマヒハツ亜科、カンコモドキ亜科、コミカンソウ亜科、ハズ亜科、トウダイグサ亜科に分けられる。花の構造が前4亜科とトウダイグサ亜科では、著しく異なる。4亜科の花は単生するか総状花序、円錐(えんすい)花序をつくり、雄花、雌花の別がある。花は3~6枚の花被(かひ)があり、雄花ではそれに2本から多数の雄しべ、雌花では1本の雌しべと、ときに数個の仮雄蕊(ゆうずい)がある。トウダイグサ亜科は杯状花序とよばれる1個の花のようにみえる特殊な花序をつくる。杯状花序は総包葉が花被状となり、その中に多くの包葉と雄花があり中央に1個の雌花がある。雄花は普通1本の花柄と1本の雄しべからなり、雌花は1本の雌しべのみからなる。子房は3室で、各室1~2個の胚珠(はいしゅ)が下垂する。胚柄から伸びた突起が胚珠の珠孔を覆う。果実は普通3個の分果に分かれ、裂開して3個の種子を出すが、核果で裂開しないものもある。
 おもに熱帯、亜熱帯に分布し、世界に300属5000種ほどある。有用植物が多く、観賞植物としてポインセチア、クロトン、キリンカクなど、薬用としてトウゴマ、ハズが知られ、アブラギリは油を、パラゴムノキはゴムをとるのに栽培され、キャッサバの根は熱帯の重要な食糧である。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トウダイグサ科の関連キーワード高灯台科・高燈台科木立編笠草阿布良岐利白山大戟丸実野漆大葉紅柏夜光麒麟茄苳の木仙台大戟九頭竜猩々木鈴振花罌木桐紅大戟朝鮮柳鉄甲丸青紫木編笠草波羅得彩雲閣

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android