コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショション岩 ショションがん shoshonite

1件 の用語解説(ショション岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ショション岩

玄武岩のまれな変種で,アルカリに富み,一般に玄武岩に比べKはNaよりも多い.石基にカリ長石が多い.カリ長石で包まれたラブラドライトおよびオージャトの斑晶を含むKに富む橄欖(かんらん)石粗面玄武岩ないし橄欖石粗面安山岩で,岩脈または熔岩流として産出する.少量の石英を含むことがある[Iddings : 1895].アフリカウガンダでは橄欖石ショション岩や黒雲母ショション岩が知られている[Holmes & Harwood : 1937].米国,イエローストーンのショション(Shoshone)川に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショション岩の関連キーワードアルカリ性マグマ海洋島アルカリ玄武岩プレート内アルカリ玄武岩粗面粗粒玄武岩アル玄武岩カルクアルカリ玄武岩橄欖石玄武岩強アルカリ玄武岩サブアルカリ玄武岩ハワイ岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone