ショション岩(読み)ショションがん(英語表記)shoshonite

岩石学辞典の解説

ショション岩

玄武岩のまれな変種で,アルカリに富み,一般に玄武岩に比べKはNaよりも多い.石基カリ長石が多い.カリ長石で包まれたラブラドライトおよびオージャトの斑晶を含むKに富む橄欖(かんらん)石粗面玄武岩ないし橄欖石粗面安山岩で,岩脈または熔岩流として産出する.少量の石英を含むことがある[Iddings : 1895].アフリカ,ウガンダでは橄欖石ショション岩や黒雲母ショション岩が知られている[Holmes & Harwood : 1937].米国,イエローストーンのショション(Shoshone)川に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android