コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショックアブソーバ shock absorber

翻訳|shock absorber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショックアブソーバ
shock absorber

衝撃や振動エネルギーを比較的長時間にわたって吸収または緩和する装置。流体の動圧抵抗,粘性抵抗,固体摩擦などの抵抗力を利用しており,目的に応じ多様の種類形式がある。最も多く使われるのは,油圧緩衝器 (ダッシュポット) と呼ばれるもので,シリンダ内にピストンで押込められた油が,オリフィス (細い径の穴) を通って逃げるときの抵抗力を利用している。車両の衝突防止用緩衝器,自動車のバンパ,また乗り心地の点から車体の支持懸架に用いる。復元のためにコイルばねが併用される。ゴム防振が多くの機器や家庭電化製品の台座,内部に使われるのは周知のとおりであるが,これはゴムの内部摩擦力を利用してエネルギー吸収をはかるもので,大型のものでは振動源 (工作機械・内燃機関など) の緩衝据付けに用いられる。特に振動を嫌う精密測定器具や高倍率顕微鏡などでは,機器自体のゴム防振と同時に,架台もばねと油圧器を用いた除震架台とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ショックアブソーバの関連キーワードフットセレクター(スカイラインR30搭載)トヨペットSAのサスペンションREAS / Xアクティブサスペンションモノクロサスペンションショックアブソーバーマツダキャロル360カローラ KE10トヨペットSA型トヨエースSKBパブリカUP10油圧ダンパカヤバ工業ショーワトキコ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショックアブソーバの関連情報