コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショープロセス ショープロセスShow process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショープロセス
Show process

広い意味でインベストメント鋳造法の改良法。被覆材にエチルシリケート混剤を使うことが特色である。 1951年イギリスのショー兄弟の発明になり,57年日本に導入された。木,石膏,金属などの原型の外側に,エチルシリケート,耐火物粉,固結剤の混合泥漿を流して固めると,弾性のあるじょうぶな被覆となるので容易に型からはずすことができる。これを急速加熱すると被覆外側は焼成されるとともに微小なひびが入り,通気性がよくなる。この鋳型 (ショーモールド) に溶融金属を注入鋳造する。この方法には,鋳型寸法が精密,原型からの鋳型はずしが容易,鋳型の通気性がよく溶融金属のガスがよく抜ける,数tの大型物でも高融点の金属でも適用できる,鋳肌が美しい,などの特徴があり,プラスチック製品,大型のプレスおよびダイカスト金型など,他の方法でむずかしい精密鋳造に用途が拡大している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のショープロセスの言及

【精密鋳造】より


[セラミックモールド法ceramic molding]
 セラミックモールドは焼成鋳型の総称で,鋳型の製造方法によってさまざまな名称で分類されている。本法の原型となったショープロセスShaw processは,1952年以前にイギリスのショー兄弟(Noel Shaw,Clifford Shaw)によって,考古学上の遺跡の複製方法としてその原理が考案された。これを工業的に開発したものがコンポジットショープロセスで,日本へは57年に導入された。…

※「ショープロセス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ショープロセスの関連キーワード精密鋳造法

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android