注入(読み)ちゅうにゅう

精選版 日本国語大辞典「注入」の解説

ちゅう‐にゅう ‥ニフ【注入】

〘名〙
液体などをそそぎ入れること。つぎ込むこと。また、液体などが流れ入ること。
※輿地誌略(1826)七「此河の経過する両側の地より、許多の河川注入を以て、水勢洪大にして」
② (比喩的に) 人や事物をある場所にどんどん送り込むこと。また、人に知識をつめ込むこと。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一「欽明天皇御宇に当りて、意外の事件を外国より注入せり」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵代議士「我々老人株に新知識を注入しに来らるるのぢゃが」
③ 児童の教育で、知識をつめ込み、記憶を主とする方法。開発に対していう。注入教授
報知新聞‐明治三四年(1901)一一月一三日「日本の教師は一体に余り注入的(チウニフてき)に教ゆる傾きがある様です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「注入」の解説

ちゅう‐にゅう〔‐ニフ〕【注入】

[名](スル)
液体などをそそぎ入れること。つぎこむこと。「ライターガス注入する」
多くのものを1か所に集中的に送り込むこと。「全精力を注入する」
知識などを詰め込むこと。
[類語]注ぐ盛るよそう淹れる盛り付ける盛り込む盛り合わせる差す注ぎ込むぎ込む流し込む流れ込む注水注油

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android