コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シライトソウ(白糸草) シライトソウChionographis japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シライトソウ(白糸草)
シライトソウ
Chionographis japonica

ユリ科の多年草で,山地に生える。本州中部以西,四国,九州,朝鮮南部に分布する。葉は多数根もとから生え,長楕円形で長さ8~14cm。初夏に,高さ 20~35cmの花茎を出し,白色小花穂状につける。6花被片のうちの4片は他の2片よりはるかに長く,糸状で長さ 1cmぐらい,放射状につき,目立つ。名前は花のこの様子を表現したもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シライトソウ(白糸草)の関連キーワードユリ科

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android