コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラクサのドゥオーモ シラクサのドゥオーモ

世界の観光地名がわかる事典の解説

シラクサのドゥオーモ【シラクサのドゥオーモ】

イタリア南部、シチリア島の遺跡の町シラクサ(シラクーザ、Siracusa)にある大聖堂(ドゥオーモ)。紀元前5世紀に建設されたアテナ神殿の柱を使って7世紀に建設されたが、9世紀後半から200年にわたるイスラム支配下でモスク(イスラム礼拝堂)となり、11世紀後半にノルマン人によって奪還されたのち、大聖堂として復興された歴史を持つ。本堂と2つの側廊があり、本堂の屋根やアプス(後陣)のモザイクはノルマン時代のもので、建物正面部分(ファザード)や天蓋は18世紀に再建された。回廊部分には、かつてのアテナ神殿の名残がある。16世紀の聖ルチアの銀製の像や雪の聖母像があることでも知られる。大聖堂前のドゥオーモ広場(Piazza del Duomo)は、市庁舎、大司教館、聖ルチアアッラバディア教会、べネヴェンターノデルボスコ館などの17世紀のバロック様式の建物が取り囲んでいる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android