コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラクサのドゥオーモ シラクサのドゥオーモ

1件 の用語解説(シラクサのドゥオーモの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シラクサのドゥオーモ【シラクサのドゥオーモ】

イタリア南部、シチリア島の遺跡の町シラクサシラクーザ、Siracusa)にある大聖堂(ドゥオーモ)。紀元前5世紀に建設されたアテナ神殿の柱を使って7世紀に建設されたが、9世紀後半から200年にわたるイスラム支配下でモスク(イスラム礼拝堂)となり、11世紀後半にノルマン人によって奪還されたのち、大聖堂として復興された歴史を持つ。本堂と2つの側廊があり、本堂の屋根やアプス(後陣)のモザイクはノルマン時代のもので、建物正面部分(ファザード)や天蓋は18世紀に再建された。回廊部分には、かつてのアテナ神殿の名残がある。16世紀の聖ルチアの銀製の像や雪の聖母像があることでも知られる。大聖堂前のドゥオーモ広場(Piazza del Duomo)は、市庁舎、大司教館、聖ルチアアッラバディア教会、べネヴェンターノデルボスコ館などの17世紀のバロック様式の建物が取り囲んでいる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シラクサのドゥオーモの関連キーワードシャッカシラクサアレトゥーザの泉オルティジア島シラクサ大聖堂ネアポリ考古学公園バゲリーアパンタリカモツィアリパリ島

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone