コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラスウナギ

1件 の用語解説(シラスウナギの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シラスウナギ

全長5~6センチほどの透明なウナギの稚魚。太平洋マリアナ海溝付近で生まれて稚魚となり、黒潮に乗って日本にやってくる。その生態は未解明な部分が多く、卵を孵化(ふか)させて育てる「完全養殖」が困難なウナギの取引相場は、稚魚の漁獲に影響を受けやすいとされる。3年連続のシラスウナギ不漁をうけ、水産庁は3月、研究者らによる対策会議を開いて資源回復策を話し合った。

(2012-05-31 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内のシラスウナギの言及

【ウナギ(鰻)】より

…レプトセファラスとして黒潮にのって日本近海まで流され,陸岸に近づいたところで変態するものと考えられる。変態後の稚魚の形は成魚と同様であるが,まだ体は透明でシラスウナギと呼ばれる。シラスウナギは河口周辺に集まり,やがて群れをなして川をのぼり,体色はしだいに着色してクロコと呼ばれるようになる。…

※「シラスウナギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シラスウナギの関連情報