コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密輸 ミツユ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐ゆ【密輸】

[名](スル)法を犯してひそかに輸出入すること。密輸出、または密輸入。密貿易。「麻薬を密輸する」「密輸品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

密輸

英国の作家ディック・フランシスのミステリー(1992)。原題《Driving Force》。競馬界を舞台にしたシリーズの第31作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

みつゆ【密輸】

( 名 ) スル
法を破って輸出・輸入すること。密輸出と密輸入。 「覚醒剤を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

密輸の関連キーワードコントロールドデリバリージョーン フィップソンミレニアム・ファルコン中国での薬物犯罪の刑罰富村勘右衛門(4代)イスラエルのガザ封鎖タイでの動物密輸取引Aseanapol北朝鮮覚せい剤密輸中国刑法347条嬉野次郎左衛門C. ホーヒーぼくのテムズ川麻薬資金取締法Eurosurアングラマネーチェトゥマルコネクション塞き止めるアモイ事件

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

密輸の関連情報