コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラタマユリ(白玉百合) シラタマユリLilium speciosum var. album

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラタマユリ(白玉百合)
シラタマユリ
Lilium speciosum var. album

ユリ科の多年草。シロカノコユリともいう。カノコユリの変種で,九州にまれに自生するが,人家などによく栽培される。地下の鱗茎から直立する茎を伸ばし,高さ 1mぐらいに達する。夏,茎の上部に白い花を多少横向きに開く。花被片は純白で赤い斑点はない。全体はカノコユリに似ているが,茎,葉ともに多少軟弱で,花もやや小さい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android