コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラルトロ湖 シラルトロこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラルトロ湖
シラルトロこ

北海道東部,標茶 (しべちゃ) 町にある湖。面積 1.72km2。周囲約 12km。最大深度 2.3m。湖面標高 9m。湖名はアイヌ語シラル・ウトル (川の中の岩の間の意) に由来。釧路平野北東部に分布する海跡湖の1つ。根釧 (こんせん) 台地から流れるシラルトロエトロ川と釧路川の合流点近くにあり,東岸を国道 391号線,西岸を JR釧網本線が通る。秋・冬季に特別天然記念物のタンチョウヅル,ハクチョウが飛来。釧路湿原国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシラルトロ湖の言及

【釧路平野】より

…泥炭の下に礫層や貝の化石があること,周囲の台地に谷が広く深く食い込んでいることなどから,かつては海が深く侵入して湾を形成していたものと考えられている。釧路平野の東端に見られる塘路湖,シラルトロ湖,達古武沼(たつこぶとう)などは海跡湖とされている。ほとんど未開のままの湿原は野生の動植物の宝庫であり,特別天然記念物のタンチョウの生息地(国立公園)として有名である。…

※「シラルトロ湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シラルトロ湖の関連キーワードハクチョウ釧路平野標茶町海跡湖釧路川マリモ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android