コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路湿原国立公園 くしろしつげんこくりつこうえん

6件 の用語解説(釧路湿原国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釧路湿原国立公園
くしろしつげんこくりつこうえん

北海道の東部に広がる湿原を主とする自然公園。面積 268.61km2。 1987年指定。釧路川に沿って発達した日本最大の湿原を中心に,周辺の丘陵地と塘路湖シラルトロ湖などの湖沼を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くしろしつげん‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【釧路湿原国立公園】

北海道東部、釧路平野の泥炭性草原湿地を占める国立公園タンチョウなどの生息地。→釧路湿原

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

釧路湿原国立公園【くしろしつげんこくりつこうえん】

北海道東部の国立公園。1987年指定。面積268.61km2釧路平野の大半を占める標高2〜10mの低湿な泥炭地が釧路湿原で,釧路川とその支流や阿寒川が蛇行(だこう)して流れ,中心部に塘路(とうろ)湖(6.27km2,最深7m)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

くしろしつげんこくりつこうえん【釧路湿原国立公園】

北海道南東部、釧路川と阿寒川の下流に広がる湿原を領域とする国立公園。低湿な泥炭地からなり、野生の動植物の宝庫。タンチョウの生息地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕釧路湿原国立公園(くしろしつげんこくりつこうえん)


北海道東部の釧路平野中部、釧路川中・下流に位置する国立公園。1987年(昭和62)指定。面積2万6861ha。釧路湿原(天然記念物)を主体に、周囲の丘陵とシラルトロ沼・塘路(とうろ)湖などの湖沼群からなる。キタヨシ・スゲ・ハンノキなど約600種の植物が自生。これらが織りなす自然景観は、日本ではほかに類例をみない。キタサンショウウオ・トンボ類など豊富な動物相をもち、特別天然記念物タンチョウ(ツル)の営巣地としても知られる。湿原内の7863haが1980年、日本で初めて水鳥などの保護を図るラムサール条約に登録され、国際的にも注目されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釧路湿原国立公園
くしろしつげんこくりつこうえん

北海道東部にある国立公園。1987年(昭和62)指定。面積268.61平方キロメートル。釧路湿原は釧路平野の大部分を占める泥炭性草原地で、国指定の天然記念物。キタヨシ、スゲなどが生育する低層湿原に釧路川が流れ、イトウ、キタサンショウウオなどが生息する。特別天然記念物タンチョウの繁殖地としても知られている。同国立公園指定の目的は観光利用の促進ではなく、湿原の保護にある。しかし、指定区域外での開発の影響も指摘されている。なお、釧路湿原は1980年(昭和55)、日本で初めてラムサール条約登録湿地となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釧路湿原国立公園の関連キーワード釧路川釧路平野釧路道東クーちゃん北海道釧路郡北海道釧路郡釧路町北海道釧路市幸町北海道川上郡標茶町北海道釧路市北斗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釧路湿原国立公園の関連情報