コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路湿原国立公園 くしろしつげんこくりつこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釧路湿原国立公園
くしろしつげんこくりつこうえん

北海道の東部に広がる湿原を主とする自然公園。面積 268.61km2。 1987年指定。釧路川に沿って発達した日本最大の湿原を中心に,周辺の丘陵地と塘路湖シラルトロ湖などの湖沼を含む。河川沿いにはキタヨシを主とする低層湿原が展開し,ミズゴケやイソツツジなどからなる高層湿原もみられる。また,特有の野生生物の宝庫でもあり,数百羽のタンチョウをはじめ多くの水鳥が生息する。北方系遺存種であるキタサンショウウオやエゾカオジロトンボ,イイジマルリボシヤンマなどのトンボ類の希少種が生息している。 1980年日本初のラムサール条約の登録湿地となり,1999年までにその区域は 78.63km2に拡大した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

釧路湿原国立公園【くしろしつげんこくりつこうえん】

北海道東部の国立公園。1987年指定。面積268.61km2釧路平野の大半を占める標高2〜10mの低湿な泥炭地が釧路湿原で,釧路川とその支流や阿寒川が蛇行(だこう)して流れ,中心部に塘路(とうろ)湖(6.27km2,最深7m)がある。1980年に一部がラムサール条約登録湿地となる。湿原の景観は寂寥(せきりょう)感あふれ,タンチョウ(特別天然記念物)やキタサンショウウオが生息し,塘路湖ではペカンペ(アイヌ語でヒシの実)が採れ,その実の熟す秋,湖畔ではアイヌのペカンペ祭が行われる。観光基点は釧路市。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くしろしつげんこくりつこうえん【釧路湿原国立公園】

北海道南東部、釧路川と阿寒川の下流に広がる湿原を領域とする国立公園。低湿な泥炭地からなり、野生の動植物の宝庫。タンチョウの生息地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕釧路湿原国立公園(くしろしつげんこくりつこうえん)


北海道東部の釧路平野中部、釧路川中・下流に位置する国立公園。1987年(昭和62)指定。面積2万6861ha。釧路湿原(天然記念物)を主体に、周囲の丘陵とシラルトロ沼・塘路(とうろ)湖などの湖沼群からなる。キタヨシ・スゲ・ハンノキなど約600種の植物が自生。これらが織りなす自然景観は、日本ではほかに類例をみない。キタサンショウウオ・トンボ類など豊富な動物相をもち、特別天然記念物タンチョウ(ツル)の営巣地としても知られる。湿原内の7863haが1980年、日本で初めて水鳥などの保護を図るラムサール条約に登録され、国際的にも注目されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釧路湿原国立公園
くしろしつげんこくりつこうえん

北海道東部にある国立公園。1987年(昭和62)指定。面積268.61平方キロメートル。釧路湿原は釧路平野の大部分を占める泥炭性草原地で、国指定の天然記念物。キタヨシ、スゲなどが生育する低層湿原に釧路川が流れ、イトウ、キタサンショウウオなどが生息する。特別天然記念物タンチョウの繁殖地としても知られている。同国立公園指定の目的は観光利用の促進ではなく、湿原の保護にある。しかし、指定区域外での開発の影響も指摘されている。なお、釧路湿原は1980年(昭和55)、日本で初めてラムサール条約登録湿地となった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釧路湿原国立公園の関連情報