コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路川 くしろがわ

6件 の用語解説(釧路川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釧路川
くしろがわ

北海道東部を流れる川。屈斜路湖から南流して釧路平野を貫流,釧路市で太平洋に注ぐ。全長 154km。阿寒火山群の南斜面をゆるやかに下る鐺別川,磯分内川,オソツベツ川,ヌマオロ川,久著呂川,雪裡 (せっちり) 川,幌呂 (ほろろ) 川などの支流がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くしろ‐がわ〔‐がは〕【釧路川】

北海道東部を流れる川。屈斜路(くっしゃろ)湖に源を発し、途中から人工河川の新釧路川となって太平洋に注ぐ。長さ154キロ。下流部に広大な釧路湿原がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

釧路川【くしろがわ】

北海道東部の川。長さ154km,流域面積2510km2屈斜路(くっしゃろ)湖に発して南流し,標茶(しべちゃ)を経て釧路市で太平洋に注ぐ。下流に釧路平野を形成。
→関連項目釧路湿原国立公園標茶[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くしろがわ【釧路川】

北海道東部の川。屈斜路(くつしやろ)湖に水源をもち,釧路平野東端を南流しながら雪裡川,別保川などを合わせて釧路市で太平洋に注ぐ。幹川流路延長154km,全流域面積2510km2。自然のまま放置すると,釧路港に大量の土砂を堆積させたり,下流部で洪水を起こすため,1921年から分水工事を始め,31年に分水路(新釧路川)を完成させた。東釧路~標茶(しべちや)間の鉄道開通前は水運にも利用されていた。現在も旧釧路川の下流は漁船の船溜りとして利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕釧路川(くしろがわ)


北海道東部、釧路総合振興局管内を流れる川。1級河川(釧路川水系)。延長154km。流域面積2510km2。屈斜路(くっしゃろ)湖の南岸から流出し、根釧(こんせん)台地と釧路湿原の境を南流、放水路として建設された新釧路川を分流し、釧路東港に注ぐ。上流は阿寒(あかん)国立公園、中・下流は釧路湿原国立公園に指定される。河口近くに幣舞(ぬさまい)橋が架かる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釧路川
くしろがわ

北海道東部、屈斜路(くっしゃろ)湖を水源とし、ほぼ南流して太平洋に注ぐ川。一級河川。延長154キロメートル、流域面積2510平方キロメートル。標茶(しべちゃ)町五十石(ごじっこく)付近から釧路平野に入り、久著呂(くちょろ)、雪裡(せつり)、幌呂(ほろろ)などの支流をあわせ釧路市で太平洋に入る。1921年(大正10)河口に発達した釧路港内の堆砂(たいさ)防止、釧路市街の浸水防止を兼ねて、釧路町岩保木(いわぼっき)と釧路市新富士(しんふじ)を結ぶ分水路建設に着手、1931年(昭和6)通水を開始した。この区間を新釧路川とよんだが、1967年分水路を釧路川本流、旧本流を旧釧路川に改めた。さらに2001年(平成13)人造河川を新釧路川、旧本流を釧路川に戻した。新釧路川は人口18万を数える釧路市上水道の取水源の一つ。標茶から下流は1927年の東釧路と標茶間の鉄道開通までは貨客輸送用の水路として利用された。[古川史郎]
『『釧路川』(1969・釧路市・釧路叢書) ▽佐藤尚著『釧路川紀行』(1977・釧路市・釧路新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釧路川の関連情報