コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリンダーセクター cylinder sector

1件 の用語解説(シリンダーセクターの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

シリンダーセクター

パイロンレースにおいてパイロン(目標地点)をクリアーしたか(通過したか)どうかを判定する基準で、パイロン上にある半径の円筒を仮想に見立て、その円筒内の通過を義務付けする。クリアーした事の判定を写真撮影で行っていた当時は、殆どがFAIセクターを用いていた。しかし、GPSによる判定が主流となりつつある現在では、このシリンダーセクターを用いる大会が多くなっている。用いられる半径はその大会のタスク規模やレベルでも変わり、100mから200mが一般的である。 また、クラス別にシリンダー半径を決め、ひとつのタスクで同時に複数のクラスが競技を行う大会は、丁度ゴルフハンディーを使いベテランビギナーが同時にコースを楽しむ様で興味深い

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シリンダーセクターの関連キーワードアイロンパイロットジャイロパイロットパイロンセイロン島パイロットシャツアウトアンドリターンアラウンドパイロンエイトアラウンドパイロンパイロンレース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone