シリンダー油(読み)シリンダーユ

精選版 日本国語大辞典の解説

シリンダー‐ゆ【シリンダー油】

〘名〙 高温、重荷重のもとで用いられる代表的な潤滑油。粘度が大きく、引火点が高い。蒸気機関のシリンダーの潤滑に広く用いられたのでこの名がある。シリンダーオイル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシリンダー油の言及

【エンジン油】より

…API(アメリカ石油協会)は用途によってガソリンエンジン油とディーゼルエンジン油に分類し,またそれぞれを性能によって細分している。JIS(日本工業規格)では,陸用を1種(軽荷重用),2種(中荷重用),3種(重荷重用)に,また舶用を1種,2種(いずれもシステム油),3種(システムシリンダー油),および4種(シリンダー油)に区分している。システム油system oilは外部油ともいわれ,エンジン各部の潤滑および冷却を目的とする。…

※「シリンダー油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android