コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引火点 いんかてん flash point

6件 の用語解説(引火点の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引火点
いんかてん
flash point

可燃性の液体または固体を加熱しながらその表面近くに炎をもたらすときに発火する現象を引火といい,引火が起る最低温度を引火点という。換言すれば,引火点とは液体または固体が,その表面で燃焼範囲の下限に相当するだけの蒸気を発生する温度のことである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いんか‐てん〔インクワ‐〕【引火点】

可燃性の物質から発生する蒸気が火を近づけたときに発火するようになる最低温度。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

引火点【いんかてん】

液体または固体の可燃性物質を加熱し火炎を近づけたとき閃光(せんこう)を発して瞬間的に燃焼することを引火といい,一定条件下で引火するのに必要な最低温度を引火点という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いんかてん【引火点 flash point】

液体または固体の試料を規定の条件下で加熱すると,しだいに蒸気圧が大きくなり,あるいは熱分解反応によって可燃性の蒸気が発生し,空気と混合して可燃性の混合気を生じ,それに小さな炎を近づけると瞬間的にせん光を発して燃焼が起こる。このときの最低温度を引火点と呼ぶ。点火用の炎を取り除くと燃焼はやむ。燃焼を継続させるためにはこれより少し高い温度に保つ必要があり,この温度を燃焼点fire pointと呼ぶ。石油系燃料の場合の引火点試験装置には密閉式(ペンスキー=マルテン式,タグ式など)と開放式(クリーブランド式)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんかてん【引火点】

一定の条件の下で、揮発性物質の蒸気が他の小さな炎や火花によって発火する最低温度。物質に特有な値を示し、可燃性液体の危険度を示す基準として用いられる。例えばエタノール(エチルアルコール)摂氏12度、灯油摂氏40~60度。引火温度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

引火点
いんかてん
flash point

揮発性の液体や固体から発生する蒸気の圧力が、周囲の空気と可燃性の混合気体をつくるまでに高まると、火を近づけることによって発火する。このときの最低温度を引火点という。さらに昇温を続けると、火を近づけたときに連続して燃焼がおこる温度となるが、これは燃焼点とよんで引火点とは区別する。つまり引火点では、点火用の炎を除くと燃焼はやんでしまう。引火点の測定には密閉式法と開放式法の2法があるが、前者は引火点の低いものについて用いられる。これは、黄銅の容器に試料を入れて加熱し、ときおり蓋(ふた)をあけて小炎を近づけて炎の発生を調べる。潤滑油のように引火点の高いものでは開放式の装置が用いられる。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引火点の関連キーワード気化秤量瓶飽和蒸気溶剤界面無水硫酸示差走査熱量測定標準試料非会合的岩石デバイのT3法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

引火点の関連情報