シンガポールのスリマリアマン寺院(読み)シンガポールのスリマリアマンじいん

世界の観光地名がわかる事典の解説

シンガポールのスリマリアマンじいん【シンガポールのスリマリアマン寺院】

シンガポールのチャイナタウン中心部のサウスブリッジロードに建つ同国最古のヒンドゥー教の寺院。建立は1827年。南インド農村部の地母神マリアマンが祀られている。ヒンドゥーの神々や動物、人間などの色鮮やかな彫刻のあるゴープラム(高門)がある。シンガポールに住むインド系の人々の信仰の拠点で、観光スポットにもなっている。また、同寺院は国定記念物に指定されている。◇正式名称は「Sri Mariamman Temple」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android