シングルベース火薬(読み)シングルベースカヤク

デジタル大辞泉「シングルベース火薬」の解説

シングルベース‐かやく〔‐クワヤク〕【シングルベース火薬】

黒色火薬に比べて発煙量が少ない無煙火薬の一。ニトロセルロースを基剤として、安定剤、膠化こうか剤などを添加したもの。
[補説]ほかに、ニトロセルロースにニトログリセリンを加えたダブルベース火薬、さらにニトログアニジンを加えたトリプルベース火薬がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android