コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シングルワードDMAモード

1件 の用語解説(シングルワードDMAモードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シングルワードDMAモード

IDEインターフェイスにおいて、データを1個ずつDMA転送するモードATA-2では、シングルワードDMAモード0~2まで定義されており、それぞれ2.1M/4.2M/8.3Mbytes/secでデータを転送できる。なおATA-3では、ドラフトの段階でSingleword DMA Modeの規定が削除された。現在では、この転送モードはほとんど使われない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シングルワードDMAモードの関連キーワードCUIヒューマンインターフェースインターフェラメーターキャラクターベースインターフェースコマンドインターフェースコマンドラインインターフェースシリアルインターフェースパラレルインターフェースブレーンマシンインターフェースマンマシンインターフェース

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone